風俗嬢は体調が悪いなら休んでしっかり治してから出勤すべし

いつも予約でいっぱいで、なかなか入れない大阪の風俗嬢がおりました。
写メ日記とかもやってるんで在籍はしているはずなんですが、私が電話するといつも「もう本日の受付は埋まりました」の答え。

こういう事が何度も続くと、どうしても1回でいいから入ってみたくなります。

その日はホームページでみると、いつもなら完売の文字が躍っているのですが、TEL確認となっています。

これはチャンスか・・・と急いで電話してみると、1枠キャンセルが出たとの事で、2時間後なら案内可能と言われました。

すぐさま予約完了してお店へ向かいます。

受付で先ほど電話したものですと告げ、コースを決めて料金を払います。
ここで少し気分の悪い事が。

お金を渡す瞬間に、この嬢は体調が悪いので指入れはNGとなりますと一言。

イヤイヤイヤ、それはお金渡す前に説明すべきだろ・・・
少し文句を言いましたが、それでも満足できますので大丈夫ですと開き直った答え。

まぁこの嬢で遊ぶためにきているので、良いんですが、しょうもない駆け引きなんかして、他のお客さんとか、目当てがこの嬢じゃない人はお店に不信感もつだろうなと思います。

まだ時間があったので狭い待合室で時間をつぶし、いよいよ嬢とご対面です。

ビルの前であった嬢は、ホームページの写真の面影はありますが、ちょっと歳くってる印象。
そして挨拶はか細い。

こんな元気なくて大丈夫なのかと不安を覚えつつもホテルへ移動します。

ホテルへついてとりあえず世間話でもしてみましたが、しゃべるのも少し辛そうで、一呼吸おいてからしゃべるというような感じででした。

私は病気をわずらったか弱い女性に惹かれる方でなないので、ガッカリ度はさらに上がります。

単調にシャワーをすませて、ベッドでプレイ開始です。
嬢から攻めてもらいますが、キスも軽いものでテンションダウン。
全身リップもフェラもいたってシンプル。
シンプルイズベストとはいいますが、風俗ではシンプルはダメ!ぜったい。

こちらからもせめてみますが、体調不良が原因なのか何か匂います。
もうさっさと終わらせてしまおうと、素股を強めにしてもらいなんとかフィニッシュです。

期待が大きかっただけにこの仕打ちはダメージが出かかったですね。
もう二度とこのお店は利用しないでしょう。

接客業なのですから、体調が悪いのなら休んで基本的なサービスぐらいはまともにできるようになってから出勤してほしいもんです。